W杯マスコット 歴代ご紹介

今日は、歴代W杯マスコット を紹介します。

W杯開催年代順により

1970年メキシコW杯マスコット「フアニート」

 

そう、可愛い人形マスコットフアニートです。

メキシコ伝統なストローハットを被って、サッカーユニフォームを着て、サッカー夢を抱くて、陽気なサッカーボーイ姿を表現。

メキシコのサッカー未来を輝くように憧れることを表している。

 

1974年西ドイツW杯マスコット「チップとタップ」

主催国西ドイツは名前を「Tipu」と「Thaipu」ドイツ子供モデルをマスコットイメージをデザインされた。

優し笑顔いっぱいで、世の中の友人達を歓迎して、西ドイツ国民は友情と平和の美しい憧れを表現。

 

1978年アルゼンチンW杯マスコット「ガウチート」

 

1978年W杯マスコットガウチートは歴史上第三回人形をモデルとデザインW杯マスコットです。

アルゼンチン代表ユニフォームを着て、サッカーをプレーして、帽子も被って、すごく可愛いでしょう~

 

 

1982年スペインW杯マスコット「ナランヒート」

 

スペイン代表ユニフォームを着て、左手にサッカー握て、腰に右手を当てる、笑ってオレンジ模様のモデルです。

スペイン豊富な果物オレンジをインスパイアされたイメージで、スペイン語で「Naranjito」の意味もオレンジです。

 

 

1986年メキシコW杯マスコット「ピケ」

 

1986年のW杯大会はメキシコ2度主催国となった。

マスコットはメキシコ主な産物唐辛子でありをイメージされたデザインです。

マスコット名前はピケですが、いいゴールを意味する。

 

 

1990年イタリアW杯マスコット「チャオ」

チャオのイメージはちょっと怪しい気分ですが、90つ(グリーン、レッド、ホワイト)イタリア国旗カラーのビルディングブロックを構造され、サッカーはチャオの頭としてデザインです。

チャオはイタリア語で‘こんにちは’の意味ですが、世界友人へようこそいらっしゃての意味も表現。

 

1994年アメリカW杯マスコット「ストライカー」

 

カワイイ茶色の子犬です。(*^__^*)

アメリカ代表ユニフォームを着て、赤と白のストライプの靴下を身に着けて 、名前はストライカーです。

とても自信なイメージでしょうね~

この子犬はアメリカのイメージ十分に表現。

 

 

1998年フランスW杯マスコット「フティックス」

 

 

昔からフランス人は雄鶏への崇拝はすごく有名です。

1998年フランスマスコットはフティックスと言う名前の雄鶏モデルです。

誇って、自慢して、サッカーを握って、前向きなイメージを表現。

 

 

2002年日本 韓国W杯マスコット「ザ・スフェリックス」

 

 

2002年日本韓国W杯デザインコンセプトはエネルギーです。

アトー,キャズ,ニックと言う名前の3宇宙人組。

科学技術センス、未来センスが溢れて、未来への美しい念願を表現。

 

 

2006年ドイツW杯マスコット「ゴレオ6世,ピレ」

 

ゴレオ6世、ピレはカワイイライオンモデルです。

ピレは人間のように話す、思考などをできる。

サッカーをプレーして楽しいそう様子は、とても可愛いです。

 

 

 

2010年南アフリカW杯マスコット「ザクミ」

 

 

名前はザクミの豹(ヒョウ)モデルです。

イエローとグリーンはスタジアムの色です。これはW杯大会が初めてアフリカ大陸で開催です。

 

2014年ブラジルW杯マスコット「フレコ」

 

フレコはブラジル稀動物ミツオビアルマジロを原型のモデルです。

フレコの体は黄、半ズボンは緑、甲羅と尻尾は青で、ブラジル国旗と同じ配色に採用。

フレコはマスコットとして、環境保護と生態学保護の重要性を強調して、キャラクタイメージは子供や若者が受け入れやすいことも配慮しています。

W杯応援グッズを探したら、弊店へいらっしゃてください。キャンペーン期限、最大限60%OFFできる。