W杯マスコットの歴史について

FIFAワールドカップ大会初めて開催されたのは1930年で、1930年最初のウルグアイ・ワールドカップ大会以来、最初7つのワールドカップ大会にはマスコットはありません。公式なW杯マスコットを初めてワールドカップ大会で現れたは1966年FIFAワールドカップイングランド大会の「ウィリー」です。

今まで、FIFAワールドカップ大会はもう世界中に一流なサッカー競技試合になって、世界のトップサッカー選手を集まって、共同サッカー技術や戦術などを競技し、サッカーファン達の熱情も盛り上がっています。

イングランド代表の愛称は「3ライオンズチーム」です。1996年FIFAワールドカップイングランド大会マスコットのデザインもライオンをプロトタイプとして使用し、活気に満ちた素敵な漫画のイメージを作り、それを「ウィリー」と名付けました。

「ウィリー」デザインモデルから見れば、まず、ウィリーのヘアスタイルです。ファッションと伝統を合わせた1966年の時代に非常に似ているデザイン。 ウィリーのヘアスタイルは当時のイギリス若者達にとって大人気のヘアスタイルでした。髪の色は、厳粛で伝統で権威あるグレーを表すように選ばれました。ウィリーのモデルイメージは、イングランド60代または70代のファッション代表だと思います。

今夏、ロシアワールドカップにはイングランド代表も出場となりますが、イングランド代表を応援グッズ、イングランド代表 ユニフォームなどを購入ほしい方はぜひこちらへ~